日本一の黒部ダムで放水 北アルプス背に、夏告げる

観光放水が始まった黒部ダム=26日午前、富山県立山町
観光放水が始まった黒部ダム=26日午前、富山県立山町

富山県立山町の黒部ダムで26日、毎年恒例の観光放水が始まった。北アルプスを背に、日本一の高さ186メートルを誇るダムの壁面から水が噴き出す迫力の光景が人気だ。10月15日まで。

千葉県から観光で訪れた服部雅英さん(51)は「初めて来たが、すごいものを造ったなと思う。スケールが大きくて驚いた」と満足げだった。

観光放水は夏場に水位が下がる黒部川の景観維持が目的で、1961年から毎年行われている。放水量は毎秒10~15トン。

黒部ダムは高度経済成長期の電力供給を支えるために建設された。

管理する関西電力の担当者は「美しいアーチ型壁面からの放水を楽しんでほしい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細