露、核搭載可能兵器を供与 ベラルーシに セベロドネツク陥落

25日、ロシア・サンクトペテルブルクで会談するプーチン大統領(右)とベラルーシのルカシェンコ大統領(AP=共同)
25日、ロシア・サンクトペテルブルクで会談するプーチン大統領(右)とベラルーシのルカシェンコ大統領(AP=共同)

ウクライナに侵攻したロシアのプーチン大統領は25日、北西部サンクトペテルブルクで軍事同盟を結ぶ隣国ベラルーシのルカシェンコ大統領と会談し、核兵器を運用可能な弾道ミサイルシステム「イスカンデルM」を数カ月内にベラルーシに供与すると表明した。同国はウクライナを支援する北大西洋条約機構(NATO)加盟国ポーランドなどと国境を接しており、ロシアとNATOの緊張がさらに高まるのは確実だ。

一方、露国防省は25日、ウクライナ東部ルガンスク州の中心都市セベロドネツクを制圧したと発表した。同州のガイダイ知事やストリュク市長も同市の陥落を認めた。今後、同州内のウクライナ軍の最終拠点、リシチャンスクをめぐる攻防が激化する見通しだ。

ベラルーシに核兵器が配備された場合、同国が加盟する核拡散防止条約に明確に違反する。ただ、一部の露メディアからは、ロシアとベラルーシが創設を進める「連合国家」の枠組みにより、条約違反は回避されるとの指摘も出ている。

会談でルカシェンコ氏は、ポーランドやリトアニアが最近、反露姿勢を鮮明にしているほか、米国などNATO側がベラルーシ国境付近で核兵器を搭載した航空機を飛行させていると主張。プーチン氏に対抗手段の提供を求めた。

これに対し、プーチン氏は「イスカンデルMを供与すると決定した。これは通常弾頭と核弾頭を運用可能だ」と表明。また、ベラルーシが運用する攻撃機スホイ25について「対応するアップデート」を行うとも述べ、核搭載可能な機体に改修することを示唆した。

ベラルーシは露軍に前線基地を提供するなど、ウクライナ侵攻を支援。侵攻後の2月末には憲法を改正し、従来は否定してきた国内への核配備を容認した。

会員限定記事会員サービス詳細