居酒屋更衣室から現金盗む 容疑で築地署巡査逮捕 警視庁

警視庁
警視庁

居酒屋の従業員更衣室に侵入し、現金約3万8000円を盗んだとして警視庁は26日、窃盗容疑などで築地署警務課留置係の巡査、野口敦史容疑者(27)=東京都目黒区=を逮捕した。調べに対し、「置いてあった財布から現金を盗みました」と容疑を認めている。

警視庁によると、野口容疑者は25日は休みで、午前11時ごろから、中野区内の居酒屋で署の同僚8人との親睦会に参加。午後3時ごろ、同僚4人と中野区内の別の居酒屋に行ったという。

午後5時前、居酒屋の従業員が更衣室に置いてあった財布から現金がなくなっていることに気づき、店長が110番通報した。従業員が更衣室から出てくる野口容疑者を目撃しており、関与が浮上した。野口容疑者は当時も店内におり、かなり酒に酔っていたという。更衣室は施錠されていなかったという。

逮捕容疑は25日午後3時45分~4時半、中野区内の居酒屋の更衣室に侵入し、従業員4人の財布から現金約3万8500円を盗んだとしている。

会員限定記事会員サービス詳細