息子救助で海へ入った父親が死亡 石川

25日午後4時50分ごろ、石川県白山市徳光町の松任海浜公園で「子どもが沖に流され、お父さんが助けにいった」と目撃者から119番があった。約10分後、約30メートル沖で父親の会社員、林大介さん(38)=金沢市八日市=が心肺停止の状態で見つかり、病院に搬送されたが、死亡が確認された。流された小学生の10代の息子は近くにいたサーファーに救助され、命に別条はない。

県警白山署によると、2人は家族で公園を訪れ、波打ち際で遊んでいたという。同署が詳しい経緯を調べている。


会員限定記事会員サービス詳細