「ホンダ謹製カフェレーサーは、断じて“上がりのバイク”ではない!」 新型HAWK 11試乗記

“大人のライダー”がメインターゲット

今春のモーターサイクルショーで注目を集めた1台、ホンダのHAWK11のメディア向け試乗会が山梨県・山中湖畔を起点におこなわれた。

HAWK11は水冷1082cc直列2気筒エンジンを搭載したスポーツモデル。最大の特徴は「ロケットカウル」と呼ぶフロントフェアリングが目を惹く、ネオクラシックなデザインだ。1960〜1970年代のレーシングマシンをモチーフにしたカフェレーサー・スタイルで、40、50代以上のライダーには懐かしく、若者には新鮮に映るだろう。

“ネオクラ”なコンセプトはその車名からも見て取れる。“ホーク”という名前は1977年にホンダが発売したCB400T「ホークⅡ」から引用したものだ。ベテランライダーなら「おっ!」 と引っかかるネーミングであり(僕も教習車がホークⅡだった)、それに排気量の「イレブン」を組み合わせて「HAWK11」というわけである。

と、ここまで解説した時点でHAWK11がオヤジ……もとい“大人のライダー”をターゲットにしていることが窺えるが、プレス試乗会のプレゼンテーションでは、開発スタッフからそのことがずばり伝えられた。

「若い頃から趣味としてバイクを乗り継ぎ、いつの間にか“上がりのバイク”が視野に入る年齢になった。そんなベテランのライダーに向けたモデルです」

「創りたかったのは“凄いバイク”ではなく、半日の自由を見つけ、出かけるのが楽しいバイク。バイクと付き合える時間を熟知した大人のライダーの琴線に触れるモデルを目指しました」

もう完全にオヤジ……もとい“大人のライダー“専用、という勢いである。もろターゲット世代の筆者としては、「メーカーから“上がりのバイク”を決められたくなんてないね」、とちょっとした反発を感じたものの、そこまで言われたら「どんなもんか……」と気になるのも心情だ。

クールで都会的な印象

HAWK11にはモーターサイクルショーでの展示やカタログに使われている“推しカラー”の「パールホークスアイブルー」と「グラファイトブラック」の2色があり、今回試乗したのはシルバーとブラックを組み合わせた「グラファイトブラック」だった。

全体にクールで都会的な印象で、ロケットカウル部分のシルバーがよりネオクラ感を強め、個人的にはこちらのほうが好みだった(現時点での受注比率はほぼ半々だという)。

会員限定記事会員サービス詳細