現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

6月25日

ニュースが参院選公示関連で埋め尽くされた22日、外務省がひっそりと、バングラデシュの石炭火力発電計画への援助中止を発表した。クリーンで効率的で同国の発電需要の1割を賄う発電所を建設する予定だったが、石炭火力に批判的な国際世論に屈したのだった。

▼「石炭の有効利用という世界の流れに逆行する、目を疑う最悪のニュース」。反論の連続ツイートを行ったのが、豪州・クイーンズランド大学の野北和宏教授である。二酸化炭素排出を削減でき、世界に貢献できる日本発のイノベーション「超々臨界圧発電方式」を自らつぶすのかと。

▼ロシアのウクライナ侵略によるエネルギー供給不安から、欧州はもう石炭火力回帰にかじを切った。ドイツ、オランダ、イタリア…と相次いで石炭火力発電の利用増を決め始めた。脱炭素よりも低炭素という動きが広がる中で、日本の対応の硬直性が目立つ。

ランキング

  1. 【浪速風】広告塔の責任

  2. 【産経抄】8月10日

  3. 【正論】この夏に思う 恩師にみた昭和のよき教員の姿 社会学者、関西大学名誉教授・竹内洋

  4. 【主張】プーチン海洋戦略 北方領土で無法を許すな

  5. 【主張】新たなワクチン 混乱招かぬ丁寧な説明を

  6. 【西論プラス】持続可能な電力供給へ 原発の実効性ある道筋示せ 大阪総局長・内田博文

  7. 【正論】「太陽光発電」はもう要らない キヤノングローバル戦略研究所研究主幹・杉山大志

  8. 【一筆多論】露の残虐、77年前も今も 遠藤良介

  9. 【主張】中国の軍事演習 国交記念行事を中止せよ

  10. 【耳目の門】(48)女性議員比率 「東アジア」最下位でよいのか 特別記者・石井聡

会員限定記事