急拡大するアマゾン倉庫の“余力”は、利用者がコストを負担しているのか フルフィルメント手数料の値上げが波紋

アマゾンはこのほど、「フルフィルメント by Amazon」を利用して商品を販売する事業者に対し、燃料費の高騰とインフレを理由に手数料の引き上げを発表した。同時期に実施した倉庫の拡大とともに発表された手数料の引き上げは、その正当性に反発の声も上がっている。

中国の蘇州で玩具専門のオンラインショップを経営するキャメロン・ウォーカーは、毎年100万件もの商品の発送作業をアマゾンに任せている。42歳のウォーカーは、玩具や手芸材料のデザインと商品化を手がけており、中国にいながらにして英国や米国、カナダをはじめとする英語圏の市場で販売しているという。

ウォーカーがこの玩具ビジネスを維持できているのは、アマゾンの外部業者向け物流サービス「フルフィルメント by Amazon(FBA)」を2016年から利用しているからだ。なお、ウォーカーはショップ名を公開しないよう求めている。事業の好調ぶりを競合相手に知られると、架空のトラブルをアマゾンに報告され、ネット上の評判を落とそうとするといった攻撃を受けることがよくあるからという。

「物流面では、ほぼすべてをアマゾンに委託しています。その割合は90%を超えているはずです」と、ウォーカーは語る。彼のショップは、英国のアマゾンでは子ども向け手芸ブランドのカテゴリーでトップ3にランクインしており、米国とカナダでも上位を維持している。

「とてつもない成長が期待できるプログラムです」と、ウォーカーは語る。「最小限の資金さえあれば、インフラはほぼ不要で事業を拡大できるのですから」

振り回される販売企業

アマゾンの倉庫と配送網にほぼ全面的に頼っているおかげで、ウォーカーは製品のデザインや製造、マーケティング業務に専念できている。ほかの手段やアマゾンのライバル企業への乗り換えを考えたことはない。「最初からアマゾンに任せるつもりでした」とウォーカーは語る。「いちばん楽な方法だからです」

しかし、楽をするにはそれなりの対価を払わなければならない。アマゾンは過剰なほどの広さを備えた倉庫の建設や倉庫用地の購入に20億ドル(約2,540億円)の予算を投じたと発表するとともに、ウォーカーのようなFBAの利用者たちにある書面を送っている。

英国のユーザーが受け取った書面には、「燃料費の値上がりとインフレの影響」により、FBAの手数料を4.3%引き上げる旨が記されていた。ひと足先に値上げされた米国の利用者には、「いずれ直面するはずの運営コストの永続的な高騰を一部でも相殺する」ための必然的な措置と説明されていたという。

FBAを利用する外部の販売業者は、アマゾンのフルフィルメントセンター(物流拠点)に商品を保管できるうえ、倉庫への搬入から梱包、配送、カスタマーサービスまでをアマゾンに委託できる。また、「Amazonプライム」の迅速な配送サービスの恩恵も受けられる。このことからFBAを利用する企業は多い。

「これだけ充実した倉庫設備をもつアマゾンにとって、フルフィルメントは楽なビジネスと言えるでしょう。扱う商品はもうどこにでもあるわけですから」と、栄養補助食品を販売するToniiqのマーケティングオペレーションマネージャーを務めるベン・グラハムは語る。「自社のトラックがすでに全国を走り回っているのですから、『うちが配送を引き受けましょう』と声をかければいいだけの話です」

会員限定記事会員サービス詳細