日本医師会、新会長に松本吉郎氏

日本医師会の新会長に選出された松本吉郎氏(埼玉県医師会提供)
日本医師会の新会長に選出された松本吉郎氏(埼玉県医師会提供)

任期満了に伴う日本医師会(日医)会長選が25日午前、日本医師会館(東京都文京区)で行われ、松本吉郎常任理事(67)が松原謙二副会長(65)との一騎打ちを制し、初当選を果たした。任期は2年。

松本氏は埼玉県医師会所属の皮膚科医。昭和29年、山口県生まれ。浜松医科大卒。平成28年から日医常任理事を務めてきた。

全国の日医会員(約17万4000人)の代表(376人)による会長選の投票結果は、松本氏310票、松原氏64票、白票1票、無効1票だった。

日医は自民党の有力な支持団体で、支援する「厚労族」議員らと緊密に連携しながら、政府が医療制度や、医師の収入となる診療報酬を決定する際などで大きな影響力を行使してきた。

松本氏は、新型コロナウイルス感染症の対応や医療界でのデジタル化の推進、医師の働き方改革などで手腕が問われる。

「国民目線の医療」構築急務 日医新会長に松本氏

会員限定記事会員サービス詳細