笹生14位、畑岡は17位 全米女子プロゴルフ第2日

第2ラウンド、11番でティーショットを放つ笹生優花。通算2アンダー=コングレッショナルCC(共同)
第2ラウンド、11番でティーショットを放つ笹生優花。通算2アンダー=コングレッショナルCC(共同)

女子ゴルフのメジャー第3戦、全米女子プロ選手権は24日、メリーランド州ベセスダのコングレッショナルCC(パー72)で第2ラウンドが行われ、15位から出た笹生優花は1イーグル、3バーディー、3ボギーの70で回り、通算2アンダーの142で14位につけた。首位とは9打差。

初日6位の畑岡奈紗は72で、通算1アンダーの17位に順位を下げた。70で回った西郷真央はイーブンパーの27位。渋野日向子は75と崩れ、3オーバーの54位だった。前日6位の古江彩佳は77をたたき、4オーバーで1打及ばず予選落ちした。

田仁智(韓国)が69で回り、通算11アンダーで単独首位を維持し、6打差の2位にジェニファー・カップチョ(米国)とリディア・コ(ニュージーランド)が並んだ。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細