気流乱れでANAグループ乗務員が転倒し骨折

25日午後1時半ごろ、全日空グループのANAウイングスが運航する熊本発大阪(伊丹)行きNH1626便の機体が気流の乱れで揺れ、客室乗務員1人が転倒して腰の骨を折る重傷を負った。国土交通省は航空事故と認定。運輸安全委員会が航空事故調査官3人を指名して調べる。

全日空によると、乗客70人にけがはなかった。

国交省によると、乗務員は後方のギャレー(調理室)で作業中だった。機体は25日午後0時40分過ぎ、熊本空港を離陸し、徳島空港近くの高度約5200メートルで気流が乱れ、午後2時ごろ伊丹空港に到着した。

会員限定記事会員サービス詳細