1億1800万円分の覚醒剤を密輸 山口組系組員ら男女2人を再逮捕 大阪

大阪府警が押収した覚醒剤。国際貨物でマレーシアから密輸された=大阪市中央区
大阪府警が押収した覚醒剤。国際貨物でマレーシアから密輸された=大阪市中央区

コーヒー豆の袋などに覚醒剤を隠して国際貨物で密輸したとして、大阪府警薬物対策課は24日、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で、特定抗争指定暴力団山口組2代目兼一会組員、田村哲也(50)=大阪市東淀川区北江口=と内縁の妻で無職、冠野(かんの)真弓(36)=同=の両容疑者を再逮捕したと発表した。同課は2人の認否を明らかにしていない。

再逮捕容疑は何者かと共謀し、5月18日、コーヒー豆や乾燥食品の袋に隠した覚醒剤2キロ(末端価格1億1800万円)をマレーシアから国際貨物で関西国際空港に密輸したとしている。

同課によると、大阪税関の職員が覚醒剤が隠されていることを発見して府警に通報。府警は覚醒剤を押収し、6月2日に自宅で荷物を受け取った田村容疑者を麻薬特例法違反容疑で現行犯逮捕した。翌3日には同容疑で冠野容疑者を逮捕し、密輸の裏付けを進めていた。暴力団の関与も視野に調べる。

会員限定記事会員サービス詳細