知床観光船の隔壁に穴、浸水早めたか…沈没から2カ月

乗客乗員26人が死亡・行方不明となった北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズ・ワン)」が沈没した事故は23日、発生から2カ月を迎えた。業務上過失致死容疑で捜査する第1管区海上保安本部(小樽)は海底から引き揚げられた船体の調査を本格化している。これまでに甲板下の隔壁に穴があいていたことが判明。浸水拡大を防ぐ「水密隔壁」の設置は法令で求められておらず、このことが浸水を早めた可能性もある。専門家からは強い安全規制を求める声が上がる。(大竹直樹)

国土交通省などによると、カズ・ワンには甲板下に船倉や機関室、舵機(だき)室を仕切る3枚の隔壁が設置されていた。このうち船首側の隔壁に人が通れる大きさの穴があいており、残り2枚は穴をふさいだ形跡があった。機関室の前後を仕切る隔壁は昨年4月の検査の際、防火対策の観点から検査員が穴をふさぐよう指示し、後にふさがれた。

元海上保安監で海上災害防止センター理事長の伊藤裕康氏は「隔壁が水密構造を保っていれば、船首側の船倉部分のみで浸水を食い止められた可能性があり、沈没までの時間を延ばすことができた」と指摘する。

事故が起きた4月23日午後1時すぎ、カズ・ワンと無線交信した同業他社の従業員が「浸水してエンジンが止まっている。前の方が沈んでいる」とのSOSを聞いており、何らかの原因で船首方向から浸水が始まったとみられている。水密隔壁で浸水拡大を防ぐことができていれば、「沈没に至らなかった可能性もある」(伊藤氏)という。

カズ・ワンは港などから2時間以内に往復できる「限定沿海区域」のみを航行する小型船舶(20トン未満)だったことから、法令上は水密隔壁を設置する義務はなかったという。

国交省の担当者は「陸に近い限定沿海区域なら周囲に漁船もいて救助もあり得るため、いろんなものが免除されている」と明かす。カズ・ワンはウトロ港から知床岬までの往復3時間のコースを航行中に沈没したが、航路の途中には避難港となる「文吉(ぶんきち)湾」もあり、そこを起算にすれば、2時間以内に往復できるという扱いになるのだという。

だが、元第3管区海上保安本部長で日本水難救済会理事長の遠山純司(あつし)氏は「確かに、法令上、水密隔壁は求められていないが、今回の事故を契機として、旅客船については小型船舶であっても安全性を高める必要がある」との考えを示す。

国の船舶検査を代行する日本小型船舶検査機構(JCI)によると、カズ・ワンの船体は、昭和60年に広島県三原市、平成7年ごろに岡山県日生(ひなせ)町(現・備前市)の各港に係留されていた。いずれも波が穏やかな瀬戸内海を航行していたが、事故を起こした運航会社「知床遊覧船」(北海道斜里(しゃり)町)に移ってから改造を施され、海流の変化が激しい知床の海を航行することになった。

知床岬の周辺には道や人家もなく、限定沿海区域が想定する海域とはかけ離れていたのが実態といえる。

船舶の安全規制は「沖合に行けば行くほど厳しくなる」(国交省幹部)だけに、伊藤氏は「全国一律となっている基準を見直し、少なくとも人命を預かる旅客船については、小型船舶でも水密隔壁の設置を要件とすべきだ」と訴える。

船底の後方でも穴や亀裂のような損傷が見つかっているが、沈没との関係については慎重な見方もある。カズ・ワンは曳航(えいこう)中、海底に落下しており、その際に生じた損傷の可能性もあるためだ。解明しなければならない点は少なくない。

海保幹部は「原因究明に向け慎重に調べる」と強調。捜査は長期化が予想されている。

会員限定記事会員サービス詳細