囲碁の碁聖戦第1局 井山裕太碁聖が先勝

碁聖戦第1局で一力遼棋聖(右)に勝ち、対局を振り返る井山裕太碁聖=24日午後、大阪市北区
碁聖戦第1局で一力遼棋聖(右)に勝ち、対局を振り返る井山裕太碁聖=24日午後、大阪市北区

囲碁の第47期碁聖戦五番勝負の第1局が24日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で行われ、井山裕太碁聖(33)=名人・本因坊・王座=が176手までで、挑戦者の一力(いちりき)遼棋聖(25)に白番中押し勝ちした。

碁聖戦では2期連続の顔合わせ。井山碁聖は2連覇、8度目のタイトルが懸かり、一力棋聖は前期失った碁聖位の奪還を狙う。第2局は7月16日、金沢市で行われる。

井山碁聖は終局後、次局に向けて「自分なりに精いっぱい準備して臨みたい」と話した。

両者による挑戦手合は11度目で、井山碁聖が8度、一力棋聖が2度タイトルを獲得している。今年もすでに2度戦い、一力棋聖が棋聖戦を、井山碁聖が本因坊戦をそれぞれ制した。


会員限定記事会員サービス詳細