参院選政策を問う

②外交 自民、立民、日米同盟重視鮮明に

「ウクライナは明日の東アジアかもしれないという強い危機感を抱いている」

岸田文雄首相は10日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議(シャングリラ対話)に日本の首相として8年ぶりに出席し、東・南シナ海で一方的な現状変更をもくろむ中国を念頭に警鐘を鳴らした。「平和国家である日本の首相として、日本国民の生命と財産を守り抜き、地域の平和秩序に貢献する責務がある」とも強調した。

ロシアによるウクライナ侵攻は、冷戦後の国際秩序を脅かす転機となった。外交では、侵攻を阻止できなかったからだ。各国は外交戦略の練り直しを迫られており、中国や北朝鮮、ロシアに囲まれる日本も、同盟国や友好国・地域と連携し、周囲の専制主義国家をどう抑止するかが喫緊の課題となっている。

ランキング

  1. 安倍晋三元首相への弔意を紙面で クラウドファンディング開始

  2. 奈良弁護士会長「意図的で行き過ぎたリーク」 安倍氏銃撃事件の報道巡り

  3. 中国報道官「日本の歩み寄り」期待 韓国「安倍派に配慮」と報道

  4. 韓国で観測史上最大の集中豪雨 交通網まひ、死者行方不明者も

  5. 【国難日本】(上)「ポスト岸田」巧妙に配置 電光石火の内閣改造・党人事

  6. 【安倍元首相死去1カ月】世界から弔意1700件、国葬で遺志継承へ

  7. 西村環境相「安倍氏が守ろうとした日本を守る」

  8. 大谷は「100年に1人の存在」 対左打者で成長、球速もアップ

  9. 東海道新幹線に「静岡空港駅」提言へ リニア沿線自治体

  10. 「不自由展」は昭和天皇への「ヘイト」 実行委側は争う姿勢、名古屋地裁

会員限定記事