動画

20回少女連れ込んだか 「トー横」の「ハウル」送検

警視庁荏原署から送検される小川雅朝容疑者=24日午前、東京都品川区(鴨志田拓海撮影)
警視庁荏原署から送検される小川雅朝容疑者=24日午前、東京都品川区(鴨志田拓海撮影)

居場所のない若者が集う新宿・歌舞伎町の一角「トー横」で「ハウル」と名乗る男が少女にみだらな行為をしたとして逮捕された事件で、男は少女を約20回にわたり自宅などに連れ込んでいたとみられることが24日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は男が常習的に少女にみだらな行為をしていたとみて調べている。

捜査関係者によると、東京都青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された「ハウル」こと小川雅朝容疑者(32)は、昨年8月ごろ、トー横で知り合った少女(16)を約20回にわたり、自宅などに連れ込み、みだらな行為をしたとみられる。小川容疑者が少女を呼び出していたこともあったとみられる。

小川容疑者は、昨年12月と今年3月、少女が18歳未満と知りながら、自宅などでみだらな行為をしたとして警視庁に逮捕され、24日、東京地検に送検された。

小川容疑者はトー横で炊き出しなどをするボランティア団体「歌舞伎町卍会」の総会長を名乗っており、送検の際に報道陣に向かい、「帰ったら飯作ってやるからな」などと叫んでいた。

会員限定記事会員サービス詳細