ウクライナ支援の攻撃準備 反ベラルーシのハッカー

サイバー・パルチザンの広報担当者ユリアナ・シェメトベッツさん(本人提供)
サイバー・パルチザンの広報担当者ユリアナ・シェメトベッツさん(本人提供)

ロシアの同盟国、ベラルーシの反体制ハッカー集団「サイバー・パルチザン」の広報担当者が23日までに共同通信の取材に応じ「(ロシアのウクライナ侵攻に)大きな影響をもたらすサイバー攻撃の準備を進めている」と話した。ウクライナを支援するためで「(計画実行の)Xデーに向け、作業を集中している」と明かした。

広報担当者のユリアナ・シェメトベッツさん(28)によると、サイバー・パルチザンは金銭目的でなく、政治的な思惑によってサイバー攻撃を実行する「ハクティビスト」。昨年末、ベラルーシの鉄道の情報システムに侵入し、侵攻前後の今年1月と2月に大規模なサイバー攻撃を仕掛けた。ロシア軍はベラルーシの鉄道をウクライナへの移動に利用したが、サイバー攻撃によって大幅な遅れが生じ、ウクライナ軍が防衛の準備をする時間を稼げたと主張した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細