46万人分の個人情報USB紛失、尼崎市の全住民

兵庫県尼崎市は23日、全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表した。市民の氏名や住所、生年月日などのほか、生活保護受給世帯や児童手当受給世帯の口座情報などが含まれている。

市によると、21日に事務委託先の業者の関係社員がデータ移管作業のため、データを記録したメモリーを持ち出した。作業終了後、飲食店に立ち寄り、飲酒などした後、帰宅時にメモリーを入れたかばんがないことに気づいたという。

市は、これまでに外部への情報漏洩(ろうえい)は確認されていないとしている。

会員限定記事会員サービス詳細