「尼崎のUSB」偽物と断定、メルカリ一時出品

兵庫県尼崎市役所=23日午後
兵庫県尼崎市役所=23日午後

兵庫県尼崎市の委託業者が全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失した問題で、フリーマーケットアプリ「メルカリ」に一時出品されていた「尼崎のUSBメモリ」は紛失したUSBとは別物だったことが23日、市への取材で分かった。業者を通じて確認した。出品は紛失問題に乗じた悪質ないたずらの可能性が高い。

出品ページはすでに削除されている。価格は45万2600円(税込み、送料込み)で、商品情報として発送元の地域は「兵庫県」とされていた。

「パスワードをかけたまま忘れてしまい、中身を開くことができないのでお譲りします」との商品コメントのほか、フランス語で「このページの内容は架空」との記載もあった。

紛失の個人情報USB見つかる 尼崎市に連絡のイメージ

会員限定記事会員サービス詳細