現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

6月23日

近代哲学の祖と呼ばれるイマヌエル・カントは1724年に当時の東プロイセン(ドイツ)のケーニヒスベルクに生まれた。ほぼ生涯をこの地で過ごす。第二次世界大戦でドイツが敗れた結果、ソ連領となり、カリーニングラードと改名される。

▼ソ連崩壊に伴いバルト三国が独立したため、カリーニングラードは、ロシア本土から切り離されてしまった。バルト三国の一つであるリトアニアとポーランドに挟まれ、バルト海に面したロシアの「飛び地」が、にわかに注目を浴びている。

▼リトアニアが、自国を通過してカリーニングラードとロシアを結ぶ鉄道貨物輸送の制限を始めたからだ。ウクライナ侵略をめぐる欧州連合(EU)の対露制裁の一環である。ロシアは猛反発し、プーチン大統領の側近は露骨な脅しをかけてきた。「リトアニア国民は深刻な影響を受けるだろう」。

ランキング

  1. 【三重正論懇話会】北欧2カ国のNATO加盟「ロシアにブーメラン」 斎藤勉・本紙論説顧問が講演

  2. 【産経抄】6月29日

  3. 【浪速風】やっぱり常態化した中露軍艦の「津軽」通過

  4. 【正論】中国論がもたらす日本国内分断 文化人類学者、静岡大学教授・楊海英

  5. 【正論】<君民の絆>の象徴・靖国神社 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

  6. 【日曜に書く】人類はわずか30年後に滅亡し、進化形「ホモ・AIエンシス」が誕生する 論説委員・長辻象平

  7. 【経済プリズム】復活した「軽EV」 目指せ世界のゲームチェンジャー 経済部編集委員・高橋俊一

  8. 【主張】参院選と少子化 対症療法で終わらせるな

  9. 【浪速風】焼け石に水の「節電ポイント」

  10. 【主張】日興の相場操縦 経営陣の刷新は不可避だ

会員限定記事