現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

THE古墳

「架空」といわれた太安萬侶 実証された古事記編纂の立役者

明治時代の小学校教科書に掲載された神武天皇の東遷
明治時代の小学校教科書に掲載された神武天皇の東遷

国内最古の歴史書「古事記」を編纂(へんさん)したのが奈良時代の高級官僚、太安萬侶(おおのやすまろ)(?-723年)。「臣(しん)安萬侶言(まお)さく(臣下である安萬侶が申し上げます)」で始まる古事記の「序文」は、元明天皇への上奏文で、日本の国の成り立ちが格調高くつづられている。道徳の乱れも指摘し、古事記を通じて国の進むべき道を示そうとした。昭和20年の終戦以降、戦前の皇国史観の反動から、古事記や安萬侶は「架空」ともいわれたが、54年に奈良市内の茶畑から出土した「太朝臣安萬侶」と刻まれた1枚の銅板の墓誌が、実在を証明した。安萬侶は来年、没後1300年を迎える。

神々による国づくり

茶畑から見つかった太安萬侶墓(円形の石で囲まれた部分)。手前には祭壇が設けられている=奈良市此瀬町
茶畑から見つかった太安萬侶墓(円形の石で囲まれた部分)。手前には祭壇が設けられている=奈良市此瀬町

「宇宙は混沌(こんとん)としていたが、やがて天と地に分かれ、イザナキノミコトとイザナミノミコトが日本列島の島を次々に生みだした」。国生み神話から書き起こす古事記の序文は、オオクニヌシノミコトによる「国譲り」、天から神々が降る「天孫降臨」などの神話が続き、日本が神によって造られたことを強調。続いて、初代天皇・神武の大和(奈良)への東遷、仁徳天皇が民の家から煙が立っていないのを見て税を免除した「民のかまど」なども記し、神の血筋を引く天皇が国を治めたと説いた。

こうした物語は戦前、国語や社会科の教科書で挿絵入りで掲載され、太安萬侶は歴史上の人物として身近な存在だった。

しかし戦後、皇国史観に基づいた戦前教育の見直しが始まり、古事記の信憑(しんぴょう)性が疑われた。研究者からは、格調高い文体は平安時代以降のものではないかとの説や、国家的事業の古事記編纂再開の記事が当時の公的な歴史書「続日本紀」に記されていないことから、古事記偽物説が出された。

ランキング

  1. 独の慰安婦像撤去求める韓国団体が苦戦 街頭活動妨害、面会キャンセル

  2. 図書館の本、2万冊読んだよ 小学生に「読書賞」

  3. 寄生虫アニサキスに「スーツ」 がん治療に期待、大阪大

  4. 育児休業の愛称は「育業」 東京、イメージ一新狙う

  5. オミクロン新派生型「BA・4」「BA・5」 感染力、病原性高いか

  6. 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由

  7. 【教えて!goo】医師が解説 焼肉を食べると下痢になる2つの理由とは

  8. 今世紀中に異常干魃常態化 過去最大超が5年以上 環境研など世界初予測

  9. 【話の肖像画】落語家・桂宮治(28) 若草色「襲名」、家族と笑顔と笑点と

  10. 【話の肖像画】落語家・桂宮治(27) 感情をないまぜに…奥深い落語の力

会員限定記事