暴走族をセグウェイで先導 会社役員ら男女26人摘発 警視庁

今年1月の東大和市の成人式でセグウェイで先導する儀保恭祐容疑者(右)=警視庁提供
今年1月の東大和市の成人式でセグウェイで先導する儀保恭祐容疑者(右)=警視庁提供

今年1月に開かれた東京都東大和市の成人式で、会場周辺で暴走行為を行ったとして、警視庁交通執行課などは、道交法違反などの疑いで、東京都武蔵村山市岸の会社役員、儀保恭祐(ぎぼきょうすけ)容疑者(21)ら20~21歳の男4人を逮捕、17~21歳の男女22人を書類送検した。調べに対し、儀保容疑者は「間違いないが、逮捕は納得がいかない」と容疑を一部否認している。

交通執行課などによると、儀保容疑者が会員制サイト(SNS)で仲間を募り、東大和市の成人式会場の「ハミングホール」と西武鉄道東大和市駅ロータリーの間の約500メートルで、バイク5台、乗用車9台で隊列を組み、ゆっくり進んだり、旗を振り回したりする暴走行為をしていたという。儀保容疑者はセグウェイや徒歩で先導した。

逮捕、書類送検容疑は17~21歳の男女26人が共謀して、1月10日午後3時半ごろ、東大和市駅近くで、バイクや乗用車で低速走行や蛇行運転などをし、一般の車両の走行を妨げたなどとしている。

会員限定記事会員サービス詳細