公明・山口代表、国民民主「政権への関与ない」

公明党の山口那津男代表(矢島康弘撮影)
公明党の山口那津男代表(矢島康弘撮影)

公明党の山口那津男代表は16日、国民民主党が来月10日投開票の参院選後に連立政権の一角を担う可能性を否定した。「今のところ政権にどうこう関与するということは考えていない」と述べた。党本部で開いたグループ・インタビューで記者団の質問に答えた。

山口氏は自公は連立政権合意と選挙協力を結び、政権を運営していると指摘。その上で「国民民主党は野党の立場で与党と政策協議を行った経過も踏まえて、独自の主張をしているという理解だ」と説明した。

国民民主は先の通常国会でガソリン税の一部を減税するトリガー条項の凍結解除などについて、自公両党と政策協議した。子供が家族の介護や世話を担う「ヤングケアラー」の支援についても3党の枠組みで協議を継続している。

会員限定記事会員サービス詳細