県民割支援最大1万1千円 交通費込み旅行を促進、平日クーポン増

マスクの観光客でにぎわう浅草・仲見世通り=東京都台東区(鴨志田拓海撮影)
マスクの観光客でにぎわう浅草・仲見世通り=東京都台東区(鴨志田拓海撮影)

政府は16日、都道府県が行う旅行割引「県民割」の全国拡大に伴い、1人1泊当たりの支援額を最大7千円から、1万1千円に引き上げる方針を固めた。代金割引の補助上限は、交通費込みのパック旅行を対象に、5千円から8千円に増やし、交通機関の利用を促す。飲食や買い物に使えるクーポンは一律2千円から平日3千円、休日千円に改め、休日の混雑緩和につなげる。

新型コロナウイルスの感染状況を見極めた上で7月前半に開始し、お盆休み期間は適用対象外とする方針だ。

会員限定記事会員サービス詳細