区割り審、首相に改定案を勧告

川人貞史会長(右)から衆院選挙区の区割り改定案の勧告を受ける岸田文雄首相=16日午後、首相官邸(春名中撮影)
川人貞史会長(右)から衆院選挙区の区割り改定案の勧告を受ける岸田文雄首相=16日午後、首相官邸(春名中撮影)

衆院選挙区画定審議会は16日午後、選挙区定数「10増10減」を反映した新たな区割り案を決定し、岸田文雄首相に勧告した。

首相は、勧告を受け「内閣として直ちに国会に報告し、勧告に基づき必要な法制上の措置を講じる」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細