自衛隊グルメ探訪

旧「海軍機関学校」で今も 海上自衛隊第4術科学校の厨房拝見

牛ヒレ肉のステーキにんにく風味きのこ添えを調理する学生(2012年2月撮影)
牛ヒレ肉のステーキにんにく風味きのこ添えを調理する学生(2012年2月撮影)

京都府舞鶴市に位置する海上自衛隊第4術科学校は、数ある後方支援の中で「経理」「補給」「業務管理」、そして「給養」などの術科を教育する学校である。

また各種訓練を行い、そして規則正しい生活を実施することで自衛隊隊員として相応しい気力、体力、さらには倫理観の向上をはかってもおり、これからの海上自衛隊隊員を教育する場として非常に重要な所でもある。

今回ご紹介するのは給養科の講習(調理実習)風景。計10名の学生(全員海曹)が、海曹である講師から料理の中身から作るタイミング、テーブルマナーなど多くのことを教わっていた。

給養科には海曹給養課程、海士給養課程がわかれているが、取材したのは海曹給養課程で、海士給養課程と違い全員調理師免許を取得しており、かなりの技量を持っていた。

昼食メニュー(西洋料理)

小海老のビスクスープ、鯛のポワレ 生トマトソース、牛ヒレのステーキ にんにく風味きのこ添え、温野菜のサラダ オランデーズソース、バターロール、アップルパイ(デザート)

牛ヒレのステーキにんにく風味きのこ添えを盛っていく学生。制限時間もあるので、皆必死である
牛ヒレのステーキにんにく風味きのこ添えを盛っていく学生。制限時間もあるので、皆必死である
デザートのアップルパイの切り方を指導する洋食、洋菓子専門の教官(写真右)。調理の仕方はもちろんのこと、盛り付け方まで様々なことを学生たちに教えていた
デザートのアップルパイの切り方を指導する洋食、洋菓子専門の教官(写真右)。調理の仕方はもちろんのこと、盛り付け方まで様々なことを学生たちに教えていた
調理が終わると、10人の学生は3人のウェイター役(サービス係)と7人の試食役にわかれて試食タイムにうつる。給養科から数人の幹部等も試食に参加、試食役の学生もただ食べるだけでなく、食べ方からフォーク、ナイフの置き方までテーブルマナーを学ぶ
調理が終わると、10人の学生は3人のウェイター役(サービス係)と7人の試食役にわかれて試食タイムにうつる。給養科から数人の幹部等も試食に参加、試食役の学生もただ食べるだけでなく、食べ方からフォーク、ナイフの置き方までテーブルマナーを学ぶ
調理実習で作られた牛ヒレ肉のステーキ。材料は牛ヒレ肉に白ワイン、フォン・ド・ボー、バター、にんにく、生クリーム、しいたけ、しめじ、まいたけなど
調理実習で作られた牛ヒレ肉のステーキ。材料は牛ヒレ肉に白ワイン、フォン・ド・ボー、バター、にんにく、生クリーム、しいたけ、しめじ、まいたけなど
温野菜のサラダ オランデーズソース。材料は小玉ねぎ、カリフラワー、ブロッコリー、人参、ブイヨンなどで、盛り付けも美しく仕上げなければならない
温野菜のサラダ オランデーズソース。材料は小玉ねぎ、カリフラワー、ブロッコリー、人参、ブイヨンなどで、盛り付けも美しく仕上げなければならない
第4術科学校の建物。庁舎は1930(昭和5)年3月に建築された「海軍機関学校」の学生舎を改修したものを今も使用している
第4術科学校の建物。庁舎は1930(昭和5)年3月に建築された「海軍機関学校」の学生舎を改修したものを今も使用している

雑誌「丸」
昭和23年創刊、平成30年に70周年迎えた日本の代表的軍事雑誌。旧陸海軍の軍 艦、軍用機から各国の最新軍事情報、自衛隊、各種兵器のメカニズムなど幅広 い話題を扱う。発行元の潮書房光人新社は29年から産経新聞グループとなった 。毎月25日発売。

●月刊「丸」のホームページ

陸自最大の駐屯地 陸上自衛隊東千歳駐屯地の厨房拝見

長崎・五島列島の空自福江島分屯基地 レーダーサイト部隊の厨房拝見

海自最北の基地 余市防備隊の厨房拝見

会員限定記事会員サービス詳細