日医中川会長、感染症への司令塔強化に「期待」 最後の会見

日本医師会の中川俊男会長
日本医師会の中川俊男会長

日本医師会(日医)の中川俊男会長は15日の記者会見で、政府が新たな感染症の発生に備え、首相直轄の司令塔となる「内閣感染症危機管理庁」を新設することについて、「今のシステムを統合・再編し、強力な司令塔機能を持った組織を作ることに期待している」と評価した。

新型コロナウイルス対応では、これまで、感染拡大時に病院側が機動的な対応を取れず、病床の確保が難航したこともあった。

中川氏は「今回の経験をもとに、学習効果として(今後は)準備ができるのではないか」と語った。

中川氏は25日の日医会長選への出馬を断念したため、この日が最後の記者会見となった。

会員限定記事会員サービス詳細