新型コロナ「5類相当に見直しを」、都医師会が提案

記者会見する東京都医師会の尾崎治夫会長=14日午後、東京都千代田区
記者会見する東京都医師会の尾崎治夫会長=14日午後、東京都千代田区

東京都医師会は14日、新型コロナウイルスの感染症法上の位置付けを、季節性インフルエンザと同じ5類に近い「5類相当」に見直す案を発表した。医師が全ての感染者の「発生届」を保健所に提出する仕組みや、医療費の公費負担は継続した上で、入院勧告などの対応をなくす内容。

尾崎治夫会長は記者会見で、入院患者が減少し重症者数も低水準となっているとして「現状に即した分類を作るのがいい」と述べた。

感染症法は病原体の危険度に応じて感染症を1~5類に分類し、行政が実施できる措置を定めている。新型コロナはこれらとは別の「新型インフルエンザ等感染症」に指定されており、外出自粛や健康状態の報告の要請など、最も幅広い措置が可能になっている。

都医師会の案では、保健所による健康観察や、就業制限などもなくし、発生届と医療費の扱い以外は季節性インフルエンザ同様の対応となる。

会員限定記事会員サービス詳細