ゴーカート感覚で走りも楽しめる“軽EV” 新型日産サクラ試乗記

日産が投入した新型軽電気自動車「サクラ」の完成度はいかに? テストコースでプロトタイプを試乗した世良耕太がリポートする。

アリアを彷彿とさせる内容

日産自動車は5月20日に“軽”の電気自動車(EV)、「サクラ」を発表した。発売は夏を予定している。

日産には2010年に発売した世界初の量産EVである「リーフ」があり、最近デリバリーが始まったクロスオーバーEVの「アリア」がある。ピラミッドで役割を表すと、頂点に位置するのがアリア、リーフは真ん中に位置し、新型サクラが底辺に陣取ってEV普及の役割を担う。軽自動車のラインアップのなかでは、ハイトワゴンの「デイズ」やスーパーハイトワゴンの「ルークス」よりも上に位置し、フラッグシップの位置づけだ。

軽自動車なので当然であるが、サクラの全長×全幅は規格いっぱいの3395×1475mmで、ガソリンエンジンを積むデイズと同一だ。全高は1655mmでデイズの2WDより15mm高い。2495mmのホイールベースも同一である。サクラはデイズの車体骨格をベースにしているのだから当然といえば当然だ。

しかし、外から眺めたイメージも、車内に入り込んだときに感じる印象も、デイズとはまるで異なる。明らかに、上級のアリアに近い。フロントセクションなどまるで相似形で、タブレット端末のiPad ProとiPad miniの関係を見るようだ。究極のEVを体験するならアリア。サブマシンとして使うのでサイズも性能もそこまで重要視していない。けれど、先進的な世界観は手に入れたい……そう考える向きにぴったりの選択肢がサクラだ。

小さいからといって、ちっとも安っぽくないところもアップル製品の大・小の関係に似ている。サクラのヘッドライトやウインカー、リアコンビネーションランプはグレードを問わず、すべての光源にLEDを使用している。コストの絡みからフロントのウインカーはLEDとしながら、リアは電球とするような手抜き(メーカーにすれば苦渋の決断)はない。しかも、リアのテールランプは全幅いっぱいに広がっている。アリアとおなじデザインだ。

これは、992型のポルシェ「911」も採用するデザイン手法だ。他社にも例はあるが、先進性やプレミアム感の演出に効果があり、とくに筆者はこの一文字リアランプに弱い。サクラの横一文字リアランプを見た瞬間に、「あ、やられた」と思ってしまった。ピラミッドの底辺を受け持つ普及価格帯のEVだから、「リアは電球でいいや」とは、日産は考えていないということだ。こういうところ、大事だと思う。

会員限定記事会員サービス詳細