マインクラフトのコードを書く“対話型”のAIは、「未来のコンピューター」の第一歩となるか

ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」のキャラクターを制御するために、AIが自然言語による“対話”や状況に応じてプログラムコードを書く──。そんなデモを、マイクロソフトが開発者向けカンファレンス「Microsoft Build 2022」で披露した。この成果は将来のコンピューティングが対話型に置き換わる可能性を示している。

いかに人工知能(AI)が多様なソフトウェアへと入り込んでいけるのか──。その方法のひとつを、このほどマイクロソフトが示した。AIが状況に応じて臨機応変にコードを書くというのである。

マイクロソフトの開発者向けカンファレンス「Microsoft Build 2022」で最高技術責任者(CTO)のケビン・スコットが5月25日(米国時間)にデモンストレーションしたのは、ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」用のAIヘルパーだった。このデモでマインクラフトに登場していたノンプレイヤーキャラクター(プレイヤー以外のキャラクター)は、マイクロソフトがコードを自動生成すべくテストを重ねてきたものと同じ機械学習の技術で動作していたのである。

この成果は、近年のAIの進化が数年後のパーソナルコンピューティングをどのように変える可能性があるのかを示唆している。タップやタイピング、クリックで操作する従来型のインターフェースを、会話型に置き換える可能性を秘めているのだ。

コードと自然言語で訓練されたAI

このAIはマインクラフトのAPIを用いることで、入力されたコマンドをマインクラフトの“裏側”で動作するコードに変換して適切な反応を返す。

ボットを制御するAIモデルには、膨大な量のコードと自然言語のテキストによる訓練が施される。その上でマインクラフトのAPIの仕様をAIに示し、いくつかの使用例と併せて学習させている。例えば、プレイヤーが「ここに来て」と話しかけるとAIモデルがバックグラウンドで反応し、エージェントをプレイヤーのほうへ移動させるために必要なコードを生成する。

今回のデモではボットがアイテムを取り出し、それらを組み合わせて新しいものをつくるなど、より複雑なタスクもこなせていた。また、このモデルはコードだけでなく自然言語でも訓練されているので、ものをつくる方法に関する簡単な質問に答えることさえできる。

このシステムが、デモの範囲外でどこまで確実に機能するかは不明だ。しかし、同じような技術を用いることで、ほかのアプリケーションでも打ち込んだり話しかけたりしたコマンドに応答させられるようになるかもしれない。

進化するAIコーディングツール

マイクロソフトは同じ技術に基づいて、「GitHub Copilot」というAIコーディングツールをすでに構築している。このツールは、開発者がタイピングを始めるかコードの一部にコメントを追加するかすると、それらに反応して自動的にコードを提案する。

会員限定記事会員サービス詳細