ごみ置き場に砲弾のような物 市職員が回収 広島・福山、爆発の恐れなし

広島県福山市のごみ置き場で見つかった砲弾のような物(同市提供)
広島県福山市のごみ置き場で見つかった砲弾のような物(同市提供)

広島県福山市は10日、同市城興ケ丘のごみ置き場で、砲弾のような物が見つかったと発表した。自衛隊が調査した結果、爆発の恐れはないと判明した。

市によると、8日午前、資源ごみ回収に訪れた市職員が、ポリ袋の中に新聞紙に包まれた状態で発見。直径約10センチ、長さ30センチだった。模造品と思い回収し、市南部環境センターに運び込んだ後、県警福山東署に相談した。

市は「市民や市職員の命に関わるものなので、危険物の扱いについて改めて注意を呼びかけたい」と話した。

会員限定記事会員サービス詳細