情熱の歌人に続け「第3回さかい与謝野晶子 青春の短歌大会」作品募集

南海堺駅西口に立つ与謝野晶子の銅像。短歌や詩だけでなく評論の分野でも大きな足跡を残した (荒木利宏撮影)
南海堺駅西口に立つ与謝野晶子の銅像。短歌や詩だけでなく評論の分野でも大きな足跡を残した (荒木利宏撮影)

堺市出身の歌人、与謝野晶子(1878~1942年)の業績を顕彰する高校生対象の公募短歌コンクール「第3回さかい与謝野晶子青春の短歌大会」(与謝野晶子倶楽部、堺歌人クラブ主催、産経新聞社など特別協力)が、作品を募集している。

24回まで開催した与謝野晶子短歌文学賞の流れをくむ大会として始まり、前回は全国49校から7449首が寄せられた。

対象は高校生と相当する教育課程に在学中の生徒。作品は自作・未発表に限り、題材は自由。1人2首までで、原則学校単位で応募を受け付ける。応募無料。9月9日必着。

選考は与謝野晶子研究者としても知られる歌人で、宮中歌会始の選者も務める今野寿美さんら。来年1月21日に同市堺区の「さかい利晶の杜」で表彰式を予定している。詳しい応募方法などは与謝野晶子倶楽部ホームページを参照。問い合わせは同倶楽部(堺市文化課内、072・228・7143)。


あなたへのおすすめ

産経新聞社のイベント

注目イベントニュース

新着ニュース

ピックアップ

お知らせ

関連リンク