不発弾、7月24日に処理作業 大阪・吹田市で

工事現場で見つかった不発弾=大阪府吹田市(陸上自衛隊提供)
工事現場で見つかった不発弾=大阪府吹田市(陸上自衛隊提供)

大阪府吹田市内の工事現場で戦時中の不発弾が見つかり、同市は6日開いた対策本部会議で、陸上自衛隊に依頼し、7月24日に処理作業を行うことを決めた。正午から夕方までかかる見込みで、周辺住民約2千人が一時避難の対象になるほか、JR東海道線なども運休になる見通し。同市は「万全を期す」としている。

不発弾は4月27日午後、同市南吹田の共同住宅工事現場で発見された。先の大戦で空襲時に落とされたとみられる米国製の1トン爆弾(長さ約1・8メートル、直径約60センチ)で、陸自の調査では弾頭、弾底に信管が残っている状態だったが、外部から直接的な衝撃が加わらなければ爆発の危険はないと判断。爆弾全体を耐火シートで保護し、信管に保護キャップをかぶせる処置などが施された。

JR線運休へ 住民も約2000人避難

処理作業が行われる当日は、現地調整本部を設け、現場から半径約300メートルを警戒区域に設定。避難指示の対象は約950世帯の住民らで、市役所と市立吹田第六小学校を一時避難場所に指定し、午前10時から誘導を開始する。不発弾が見つかった現場はJR東海道線東淀川-吹田駅間の沿線で、JR西日本は処理作業中は同線とおおさか東線を運休する方針を明らかにしている。運休の区間や時間などは協議中だ。

陸自など関係機関と調整を重ねてきた同市の後藤圭二市長は「不発弾の処理作業で市民生活に大きな影響が出るのは間違いないが、安全、確実に撤去できるように市として万全を期したい」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細