東名あおり事故、被告に懲役18年 横浜地裁差し戻し審

横浜地方裁判所
横浜地方裁判所

神奈川県大井町の東名高速道路で平成29年、あおり運転で一家4人のワゴン車を停止させ、後続車の追突事故で死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)などの罪に問われた石橋和歩被告(30)の差し戻し裁判員裁判で、横浜地裁(青沼潔裁判長)は6日、求刑通り懲役18年の判決を言い渡した。判決は、危険運転致死傷罪の成立を認めた。

公判では危険運転致死傷罪の成否が最大の争点となった。検察側は、危険な速度で移動しながらワゴン車の前で減速を繰り返したとして、同罪が成立すると指摘。弁護側は、被告の運転と事故の因果関係はないとして無罪を主張した。

起訴状によると、29年6月5日、パーキングエリアで静岡市の萩山嘉久さん=当時(45)=に駐車位置を非難され、逆上して追走。ワゴン車にあおり運転を繰り返して停止させ、後続トラックの追突で萩山さんと妻、友香さん=同(39)=を死亡させるなどしたとしている。

結論変わらず、慎重姿勢で「空転」招く 東名差し戻し審判決

会員限定記事会員サービス詳細