「最近の若者はすぐ辞める」と怒る前に知るべき、「仕事が合わない」と言い出す新人の真実

厚生労働省「新規学卒者就職率と3年以内離職率」
厚生労働省「新規学卒者就職率と3年以内離職率」

“辞める新入社員”が話題になる季節がやってきました。

「入社1週間目に、『なんかやりたい仕事と違う』と言ってきた後、連絡が途絶えて辞めた」 「ひと月の新入社員研修が終わって、5月からうちの部署に配属。『自分にこの仕事は合っていない』と言って、2週間目に辞表を出した」 「母親から『息子が思っていたような仕事ではないので、辞めてさせてください』と連絡があって、去っていった」 「昨年の秋、配属になった社員。『この職場では僕の個性がつぶされる』と辞めた。一年たって、これからだって時なのにがっかり」

――など。これまでも、“仕事が合わない”と辞めてしまう若者があとを絶ちませんでした。

2000年代以降、辞める新入社員が問題視されるようになりました。とりわけ“ゆとり世代”が社会人になった10年頃からは、就職氷河期の直後で就職率が低いにもかかわらず離職率が増加。「若者が3年以内に仕事を辞める傾向が高まっている」という調査結果があちこちで取り上げられ、「このままいったら、3年以内で辞める大卒者の離職率は5割を超える」と危惧する声も出るほどに。

何かと批判の的にされた“ゆとり世代”が「自分に合わない」「やりがいを感じない」「好きなことができない」と辞めていくことに、「だからゆとり世代は……」と、あたかも彼らに問題があるかのような言説が増えていきました。

むろん、ゆとり世代に罪はありません。若者の「好きな仕事探し」は、ある意味、キャリア教育の成果です。

キャリア教育の功罪

キャリア教育という名のもと、学生たちは自己分析や他己分析をやらされ、「自分の強み探し」をやらされました。

たった20年、しかもそのうちの前半はあまり記憶にない人生を振り返って自分史を作ることや、他人まで借り出して「自分を分析する」ことが、キャリア意識を育てることにつながるか? これは、いささか疑問です。

しかし、キャリアカウンセラーなどは、「この仕事が好きだという強い思いが内定につながる」とアドバイスをしました。若い世代に影響力のある、いわゆる“成功者”たち(何を持って成功者と言うのか、いま一つ分からないのだが)も、「好きなことを仕事にしなさい!」「好きな仕事なら寝ないでも取り組める」とけしかけました。

好きな仕事だからこそ熱中できるというメッセージがまん延した(提供:ゲッティイメージズ)
好きな仕事だからこそ熱中できるというメッセージがまん延した(提供:ゲッティイメージズ)

実際、34歳までの若者を対象にした調査結果で、「適職探しへの再挑戦を希望している」若年者の総数は、1987年には425万人だったのが、2004年は558万人と、31.4%も増加。これは在学者を除く若年者全体の22.9%に相当します(2006年版「国民生活白書」)。

会員限定記事会員サービス詳細