大谷は3打数無安打 エンゼルス9連敗

フィリーズ戦の1回、見逃し三振に倒れたエンゼルス・大谷=フィラデルフィア(共同)
フィリーズ戦の1回、見逃し三振に倒れたエンゼルス・大谷=フィラデルフィア(共同)

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平は3日、フィラデルフィアでのフィリーズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。3打数無安打、2三振1四球で、打率は2割4分。

相手先発は右腕エフリン。第1打席は一回無死一塁で外寄りのカーブを見逃し3球三振。三回2死走者なしの第2打席は四球。六回先頭の第3打席はいい当たりの二直。八回1死走者なしの第4打席はフォーシームに空振り三振だった。

チームはトラウトも不振でいいところなく、0-10で大敗。6年ぶりの9連敗で、27勝26敗で「貯金」も1となり、地区2位の座が危うくなってきた。

フィリーズは昨季、ナ・リーグMVPを受賞したハーパーが「3番・指名打者」で出場しており、大谷とのMVP対決も注目。ハーパーは11、12号と連発して気を吐いた。

大谷、初見参のフィラデルフィア 力発揮できず2戦連続無安打


会員限定記事会員サービス詳細