「iPodのない世界」に、アップルと世界が失うことになるもの

アップルが「iPod touch」の販売を在庫限りで終了することで、iPodの歴史が終わる。楽曲を所有せずクラウドへとアクセスする時代、アップルと世の中はiPodがなくなることで何を失うのだろうか──。『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィによる考察。

アップルが2007年1月に初代「iPhone」を発表した日から数週間後のことだ。スティーブ・ジョブズはニューヨークを訪れ、複数の出版社で自身の“作品”をエディターたちに披露した。

当時『ニューズウィーク』に勤めていたわたしは彼のためにランチミーティングを主催したのだが、わたしの上司たちはその新しいデバイスの体験型デモに驚嘆していた。このデバイスがリリースされる数カ月前の出来事である。

別れ際にジョブズと話をしたとき、わたしは「電話機能のないiPhoneがあればクールではないか?」という考えを彼に伝えた。そう言ったのは、彼のプレゼンテーションで何度か、通信会社のセキュリティと接続関連のニーズにより、特定の機能が制約を受けている理由について説明があったからである。

するとジョブズは、かなりそっけなく「うまくいかないだろうね」と言った。

ところが、同じ年の後半に「iPod touch」が登場した。iOSで動作し、タッチ式ディスプレイを備え、もちろん音楽プレーヤーをはじめとして利用可能な多くのアプリを搭載した“電話機能のないiPhone”である。

それは先入観から自身を解放するスキルを駆使して、ジョブズがアップルにいる間に実行した数えきれないほどの“発想の転換”のひとつだった。もしかしたら、わたしたちが話をしたときにはすでにプロジェクトが進行中で、わたしを惑わせようとしていたのだろうか?

それはどうでもいいことだ。しかし、当時は誰にもわからなかったことは、このSIMカードを使わない素晴らしいデバイスが、いつの日か「iPod」と名乗る最後のデバイスになるということだった。

そして、その存在も消えることになった。アップルはiPodシリーズの生産と在庫限りの販売の終了を発表したのである。しかも、ある世代の熱狂的なユーザーたちを虜にしたiPodの歴史を振り返えるという、珍しいかたちでプレスリリースを発表したのだ。

わたしとしては、この出来事を無視するわけにはいかなかった。iPodに関する本を書いたことがあるからだ。前回のコラムでは魂がなくなりつつあるアップルについて書いたが、今週は文字通りアップルから“タッチできるもの”がなくなることについて書かざるを得ない。

「iPodとは何か?」という問いの答え

アップルと世の中は、iPodがなくなることで何を失うのだろうか?

そもそもiPod touchを「iPod」と呼ぶには多少の無理があったので、この疑問は拍子抜けだろう。iPod touchがiPodであるとされるのは、iPhoneとの親子関係によるものである。

会員限定記事会員サービス詳細