娘のふりして電話に出て詐欺被害防ぐ 女性に感謝状

大阪府警平野署から感謝状を受け取った宮崎千春さん=1日
大阪府警平野署から感謝状を受け取った宮崎千春さん=1日

「給付」「年金」―。大阪市平野区の派遣社員、宮崎千春さん(31)は銀行で高齢男性がATMを操作しながら携帯電話で話す言葉に違和感を覚え、娘のふりをして電話に出た。大阪府警平野署は、機転を利かせ特殊詐欺被害を防いだとして宮崎さんに感謝状を贈った。

宮崎さんは5月10日、銀行で男性の言動が気になり、携帯電話の画面をのぞき込んだ。そこに映る電話番号をインターネットで検索すると、詐欺に使われる番号として注意喚起されていた。

男性は「あと5分で支払わないと年金をもらえない」と慌てた様子。説得を続け、かかってきた電話に娘のふりをして出ると電話は切れた。1日に感謝状を受け取った宮崎さんは「被害を減らせてよかった」と笑顔。署に一緒に訪れた長女(5)は「良い感じ」とたたえた。

会員限定記事会員サービス詳細