日中国交正常化50周年へ実行委発足 9月にイベントなど開催

経団連などは1日、9月29日に日中国交正常化50周年の節目を迎えるのを前に、両国間の一層の交流促進を図るために実行委員会を発足した。9月に東京都内で記念レセプションやシンポジウムなどを開く予定だ。

実行委の委員長には経団連の十倉雅和会長が就任。最高顧問には福田康夫元首相と二階俊博自民党元幹事長が就き、政府とも連携を図る。特別顧問には、いずれも経団連名誉会長で、キヤノンの御手洗冨士夫会長兼社長CEO、東レ社友の榊原定征氏が就く。

平成24年の国交40周年、29年の45周年の際にも経団連が中心となって実行委を立ち上げた経緯がある。

会員限定記事会員サービス詳細