コロナ「2類」相当の是非は、大阪府が本格議論へ

大阪府の吉村洋文知事
大阪府の吉村洋文知事

大阪府の吉村洋文知事は31日、経済活動と感染対策の両立を図るための専門家会議を来週にも開催すると明らかにした。感染症と経済分野の双方の専門家が出席する見通し。

新型コロナウイルスの濃厚接触者の隔離の是非や、医師が正当な理由なく治療を拒めないとする医師法に基づく「応召義務」のコロナ医療への適用について意見交換する。

新型コロナの感染症法上の位置付けは危険度が上から2番目に高い「2類」相当のままで、応召義務は事実上適用外だ。現状では新型コロナ患者を診察できる医療機関が限られるため、吉村氏は医療逼迫(ひっぱく)につながりかねないとして問題視してきた。

吉村氏は同日の記者団の取材に、「新型コロナが2類相当が本当に正しいのか議論がない」と指摘。「国家の方向性としてウイルスとどう向き合うのか判断を示していない。ここが一番大きな問題だ」と政府を批判した。

会員限定記事会員サービス詳細