両脚骨折娘に暴行・放置容疑の母親「しつけ」と説明

埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)
埼玉県警察本部=さいたま市浦和区(内田優作撮影)

埼玉県春日部市の自宅で、両脚の大腿(だいたい)骨を折って歩けない次女の長野沙季ちゃん(3)を放置したとして、保護責任者遺棄容疑で再逮捕された母親の無職、長野奈々容疑者(31)=傷害罪で公判中=が、昨年12月に沙季ちゃんへの暴行容疑で逮捕された際に「しつけのつもりだった」と供述していたことが31日、埼玉県警への取材で分かった。

県警は沙季ちゃんが繰り返し虐待を受けたとみて調べている。沙季ちゃんは昨年12月29日に意識不明の状態で病院に搬送され死亡。顔や頭にけががあった。県警は同30日に暴行容疑で奈々容疑者と、同居していた知人の男=傷害罪で起訴、3月に自殺=の2人を逮捕した。

奈々容疑者は沙季ちゃん、長女(6)の3人で現場の住宅に住んでおり、男と同居を始めた昨年11月下旬以降、娘2人は保育園に通園しなくなった。県警は男と同居後に虐待が始まった可能性が高いとみている。

会員限定記事会員サービス詳細