自民、党員獲得1位は青山繁晴氏 ベスト10発表

青山繁晴氏
青山繁晴氏

自民党は31日、令和3年の党員獲得数が多かった国会議員上位10人を発表した。1位は青山繁晴参院議員(比例)、2位は3月まで五輪相だった堀内詔子衆院議員(山梨2区)、3位は森山裕総務会長代行(鹿児島4区)だった。青山氏は2年の10位から急浮上し、堀内、森山両氏は同じ順位を維持した。

3年末時点の党員数は112万2664人。自民は120万人獲得を目標に掲げている。

4位は2年に1位だった二階俊博元幹事長(和歌山3区)、5位以下は茂木敏充幹事長(栃木5区)、高市早苗政調会長(奈良2区)、鷲尾英一郎衆院議員(比例北陸信越)、武田良太前総務相(福岡11区)、寺田稔首相補佐官(広島5区)、城内実衆院外務委員長(静岡7区)の順だった。

会員限定記事会員サービス詳細