なぜボルボXC60は売れているのか

登場以来、高い人気を保っているボルボのミドルクラスSUV「XC60」。小川フミオがあらためて最新のPHEV(プラグイン・ハイブリッド)に試乗し、人気の理由を考えた。

最初とは別モデルのようだ

SUVが欲しい! そこで間違いない買い物をしたい……そう思っているのならば、ボルボ「XC60」はイイ。とりわけ、PHEVモデルがさきごろパワーアップ。走りのスムーズさは特筆に値する。

2021年11月に改良を受けたXC60。2022年5月中旬にプレス向けに試乗の機会が提供されたのは「XC60リチャージ・プラグインハイブリッドT6 AWDインスクリプション」だ。

あたらしい点は、パワーユニットの出力アップ。AWDは全輪駆動方式なので、前後に1基ずつモーターを搭載する。今回はリアのモーター出力が、従来の65kWから107kWに、最大トルクは240Nmから309Nmへと向上した。

フロントモーターの数値(52kW、165Nm)は据え置きであるが、リアがパワーアップしたことで、「よりレスポンスに優れた、パワフルな加速性能と、効率の良い回生ブレーキを実現した」とボルボ・カー・ジャパンの広報担当者は説明してくれた。

出力が向上した背景には、駆動用バッテリーの総電力量のアップがある。従来の 11.6kWhから、今回は18.8kWhへと向上。バッテリーの電力量は60%以上の強化となり、EVレンジも81kmの航続距離を持つように。

そもそも、全長4710mm、全高1660mmのボディを持つXC60は、適度に余裕あるサイズとともに、毎年のように洗練度が上がっていることで、私にはたいへん好感度が高い。極端にいえば、日本に最初に入ってきたころと、別のモデルのようだ。

会員限定記事会員サービス詳細