暗号資産「テラ」の暴落が、不可避だったと言えるこれだけの理由

暗号資産である「テラ(Terra)」と「ルナ(LUNA)」の暴落が引き金になり、暗号資産(暗号通貨、仮想通貨)の市場が揺れている。これらは米ドルに価値が連動するステーブルコインだったはずが、いったいなぜ“崩壊”に追い込まれたのか。

いまから数週間前のことだ。ノースロンドンにあるメキシコ料理店で、無名だが非常に目の肥えたひと握りの暗号資産(暗号通貨、仮想通貨)の投資家が、「テラ(Terra)」と「ルナ(LUNA)」の暴落を予見していた。

そのうち数人は、現金や担保によらずアルゴリズムとゲーム理論によってドルとの等価性が確保されたステーブルコイン「TerraUSD(UST)」の存在自体と、それが長期的にペッグ(連動)を維持するとの見方をあざ笑っていたのである。

この投資家たちによると、このプロジェクトの「ポンジノミクス」(新規のユーザーとマネーの流入を前提としたトークンエコノミー)は、あまりにリスクが高すぎるのだという。投資家のうち楽観的な見方をしていたのは、たった1人だった。

しかし、それはテラの堅実性に対する信頼というよりも、“虚無主義”に起因するように思えた。彼によると、いずれUSTの価格が1単位あたり1ドルを大きく上回る日がくることが予想されるという。そして。このステーブルコインをプロモーターたちは「インフレ耐性のある仮想通貨ドル」として再ブランド化し、その価値を維持しようとするだろうとのことだった。

一方で、ほかの投資家たちは、肩をすくめながらも万策尽きたと諦観していた。「これまでのところ、こういう話はいつも最高にユーモラスな歴史をたどってきたからね」と、彼は言う。

暴落した暗号資産

しかし、いまは多くの人が笑うに笑えない状況だろう。USTはドルとのペッグを失い(5月14日の時点では取引所で0.13ドル=約17円に暴落した)、関連する暗号資産のルナは先週の82ドル(約10,600円)から0.000132ドル(約0.017円)にまで急落したのだ。

これらの暗号資産に対する約600億ドル(約7.7兆円)という膨大な額の投資が、一夜にして水の泡になったのである。人々が価値の下がったコインを処分しようと躍起になることで、さらに多くの損失が発生することだろう。

一方で、今週は暗号資産の市場全体も混沌としている。ビットコインが24時間で8%値下がりして27,000ドル(約348万円)まで下落したことを受け、ほかの多くの暗号資産もその下落に追随したのだ。世界最大のステーブルコインであるテザー(Tether)は、12日には1ドルを割り込んでいる。

今回のテラの問題により、わたしたちは「通貨をつくり出して価値をもたせられる」という概念を前提としたプロジェクトの崩壊を目の当たりにしているのだ。しかし、ここで言う「価値」とは、“通貨”に暗号資産の企業が設定した見せかけの価値があることに、人々が納得していることが条件となる。ロールプレイングゲームのような話だ。

会員限定記事会員サービス詳細