大阪市中心部で初の真夏日、近畿各地で30度超え

30度を超えた大阪市内。道頓堀には日傘を差す人の姿が見られた=29日午後、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
30度を超えた大阪市内。道頓堀には日傘を差す人の姿が見られた=29日午後、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)

日本列島の広い地域が高気圧に覆われ、近畿地方でも晴れ間が広がった29日、大阪市中心部では午後2時までに31・8度を観測し、今年初めて30度を超える真夏日となった。京都市や奈良市、和歌山市といった県庁所在地でも30度を超えた。気象庁は熱中症への警戒を呼びかけている。

気象庁によると、午後2時までに大阪市で31・8度、和歌山市では30・2度を記録。京都市と奈良市は32・1度まで気温が上昇し、いずれも7月上旬~下旬並みの暑さとなった。水辺が近い神戸市は28・5度、大津市は29・8度を記録し、7月上旬並みだった。

また、兵庫県三田市は31・6度、和歌山県日高川町では31・2度を記録。5月では観測史上、最も高い気温だった。

会員限定記事会員サービス詳細