渡辺名人が3連覇、獲得タイトル通算31期に

第80期名人戦七番勝負第5局で挑戦者の斎藤慎太郎八段を下し、名人3連覇を果たした渡辺明名人(左)=29日夜、岡山県倉敷市(日本将棋連盟提供)
第80期名人戦七番勝負第5局で挑戦者の斎藤慎太郎八段を下し、名人3連覇を果たした渡辺明名人(左)=29日夜、岡山県倉敷市(日本将棋連盟提供)

将棋の渡辺明名人(38)=棋王=に斎藤慎太郎八段(29)が挑戦した第80期名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の第5局が28、29の両日、岡山県倉敷市で指され、先手の渡辺名人が97手で勝ち、対戦成績4勝1敗で3連覇を達成した。

渡辺名人は歴代4位の通算タイトル獲得数を31期とした。渡辺名人は前期、名人初挑戦の斎藤八段を下し、2連覇を達成。同一カードとなった今期も安定した強さを見せ、タイトルを守った。

終局後、渡辺名人は「(七番勝負は)毎回大変な番勝負になると思っている。結果を出せたのは良かった」と話した。

斎藤八段は名人初獲得はならなかった。

会員限定記事会員サービス詳細