緊急停車で体調不良訴え、人身事故で京阪乗客ら

京阪特急に使用されている8000系車両=京都府八幡市
京阪特急に使用されている8000系車両=京都府八幡市

29日午前9時40分ごろ、京都市伏見区の京阪本線藤森駅のホームで、通過中の淀屋橋発出町柳行き特急電車(8両編成)に男性がはねられた。男性は病院に搬送され意識不明の重体。地元消防によると、緊急停車した電車内で乗客約10人が体調不良を訴え、地元消防が救助に当たった。いずれも意識はあり、重症者はいないもよう。京都府警伏見署や京阪電鉄などが状況を調べている。

京阪電鉄によると、運転士が線路内にいる男性を発見し、急ブレーキをかけたが、間に合わなかった。京阪本線、鴨東線、中之島線の全線が約1時間20分にわたり運転を見合わせた。上下線で43本が運休し、約6万人に影響があった

会員限定記事会員サービス詳細