米が北朝鮮兵器支援で制裁 3団体1個人

米財務省に掲げられたシンボルマーク=ワシントン(ロイター)
米財務省に掲げられたシンボルマーク=ワシントン(ロイター)

米財務省は27日、北朝鮮の弾道ミサイルを含む大量破壊兵器の開発や、制裁対象になっている同国の高麗航空を支援したなどとして、ロシアの2銀行のほか中国と北朝鮮に拠点を置く貿易企業、ベラルーシで活動する北朝鮮人1人を独自制裁の対象に追加したと発表した。

北朝鮮による現地時間25日の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射への対抗措置。国連安全保障理事会で26日、北朝鮮に対する制裁を強化する米国作成の決議案が中国とロシアの拒否権行使で否決されたため、独自制裁で圧力を強める構え。

財務省によると、中朝拠点の貿易企業は北朝鮮のミサイル開発を担当する部署を財政的に支援し、兵器開発に必要な電子機器の輸送にも関与。ロシアの2銀行は高麗航空に関する銀行業務を実施するなどしていた。北朝鮮人は北朝鮮の機関の代理人としてベラルーシで活動していた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細