ウクライナ軍がルガンスク州から撤退も 露軍の包囲進む

27日、ウクライナ・ルガンスク州ポパスナの損傷した集合住宅(ロイター=共同)
27日、ウクライナ・ルガンスク州ポパスナの損傷した集合住宅(ロイター=共同)

ロシアによるウクライナ侵攻で、東部ルガンスク州のガイダイ知事は27日、激しい攻防戦が続く同州の中心都市セベロドネツクからウクライナ軍が撤退する可能性があるとの認識を示した。同市のストリュク市長は同日、同市周辺の3分の2が露軍に包囲されていると発表。露軍の砲撃で市内の多数の住宅や工場が損傷しているとし、状況は「非常に厳しい」とした。ウクライナメディアが伝えた。

東部ドンバス地域(ルガンスク州とドネツク州)全域の制圧を狙う露軍は現在、ルガンスク州の95%を掌握。セベロドネツクはウクライナ側が同州で保持する事実上の最終拠点となっている。露軍はセベロドネツクを陥落させてルガンスク州を掌握した後、隣接するドネツク州に戦力を集中させる戦略だとみられる。

ガイダイ氏は、ウクライナ軍はなお戦力を保持しており、「セベロドネツクが今後の数日間で陥落することはない」と強調。一方、同市が露軍に完全に包囲される前に、ウクライナ軍が戦力維持のために撤退することもありうるとした。

ガイダイ氏やストリュク氏によると、露軍はセベロドネツクへの侵入を図り、市内北東部などで激しい戦闘が起きている。

ウクライナのゼレンスキー大統領も27日のビデオ声明で、ドンバス地域の状況は「厳しい」と述べた。

一方、東部ハリコフ州でも同日、激しい戦闘が続いた。露軍は同州でいったん後退したが、再び攻勢を掛けているとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細