決勝はロコと札幌国際大 カーリング日本選手権女子

ロコ・ソラーレの選手たち=アドヴィックス常呂カーリングホール(代表撮影)
ロコ・ソラーレの選手たち=アドヴィックス常呂カーリングホール(代表撮影)

カーリングの日本選手権第7日は28日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで決勝トーナメントが行われ、女子は北京冬季五輪銀メダルで1次リーグを首位突破したロコ・ソラーレが同2位の北海道銀行を6―4で下し、29日の決勝へ進んだ。

男子は1次リーグ2位の札幌国際大が同1位のSC軽井沢クを10―7で破り、決勝に進出した。

北海道銀行は28日午後の準決勝に回り、1次リーグ4位のフォルティウスに12―2で大勝した同3位の中部電力と対戦する。SC軽井沢クは1次リーグ3位で4連覇を目指すコンサドーレと準決勝を戦う。

会員限定記事会員サービス詳細