NY株6日続伸575ドル高 インフレ加速への懸念後退

ニューヨーク株式市場のトレーダーたち(AP)
ニューヨーク株式市場のトレーダーたち(AP)

27日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は6営業日続伸し、前日比575・77ドル高の3万3212・96ドルで取引を終えた。米物価指標の伸び率が鈍化し、インフレ加速への懸念が和らいで買いが優勢となった。6営業日続伸は2021年12月以来、約5カ月ぶり。週間ベースでは9週ぶりの上昇となった。

朝方発表された今年4月の米個人消費支出(PCE)物価指数の前年同月と比べた上昇率が、3月よりやや縮小した。インフレを抑えるために米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを加速し、景気後退を招くとの警戒感が後退した。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も続伸し、390・48ポイント高の1万2131・13。

ダウ平均は全面高となり、個別銘柄ではITのアップルや航空機のボーイングの上昇が目立った。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細